カラーリングで髪が傷んでしまうのは?

髪をカラーリングし続けていると、

痛んでバサバサになってしまいますよね。


それは、カラーリング剤の中にブリーチ剤が入っているからです。


日本人の黒髪に明るい色を入れるためには、

ブリーチ剤で色を抜く必要があるからなのです。

そのブリーチ剤が髪を傷めてしまう原因のひとつです。


カラーリングで髪が傷んでしまったら、

どうしたらいいのでしょうか。


髪の表面はキューティクルが魚のうろこのように覆って、

髪の潤いを保っています。


でも、髪が痛んでくると、髪の表面のキューティクルがめくれあがってきます。


もっとひどくなると、キューティクルがなくなり、

つるつるになり、ささくれてちぎれ始めます。

これがひどい枝毛の状態です。


まだキューティクルがめくれあがってる状態くらいであれば、

トリートメントなどのケアで髪は回復する可能性がありますよ。


ヘアカラーをする時は、

頻度と程度とアフターケアに気を付けてくださいね。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ